Variety Of Grip 様々な握り方

さまざまな握り方 Variety Of Grip

最もスタンダードなオーバーハンドグリップ   懸垂やマッスルアップなど幅広い
親指も載せるタイプ Archer Pull Upや Type Writerなど親指を返さないといけないのでこの握り方にするとスムーズにトレーニング出来る
False Grip(フォールスグリップ) Strict Muscle Upや 吊り輪でやるRing Muscle Up 時手首90℃を保つので前腕や握力を鍛える必要がある グリップの中1番難しく キープするのが大変。 もしこの90℃が崩れればringマッスルアップは上がる事がなくなる。個人的に1番大変だが前腕や握力強化によい印象 手を伸ばして届く鉄棒ではキープしやすく Strict Muscle Upやりやすいが、ジャンプしないと届かない高さの鉄棒だと ジャンプして掴んだ後 フォールスグリップにするはとても大変 滑ると通常のオーバーハンドに戻ってしまう。90℃では無くても気持ち分手首を猫の様に巻くのをキープしたままにするとマッスルアップ上がりやすくなる印象。
リストでやるマッスルアップ スローマッスルアップなど ゆっくりやる筋力技など
手首を置くので手が届く高さがやり易い フォールスグリップより楽な印象 崩れないよう少し指先でサポートして マッスルtransition(バー登れ始めたら握っている